30代からの結婚式ドレス選びで気をつけたい3つのこと

December 25, 2013

20代での結婚式の服装選びはそんなに気にならなかったけど、30代となると着ていく服に悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。30代以降となると、20代の時とはまた違った立場で出席することが多くなり、よりマナーや礼儀を重んじるようになるからといえます。

本日は、そんな30代のドレス選びで気をつけたいポイントを3つご紹介しましょう。

ポイント1  カラー

白やオフがタブーなのはもうご存知かと思いますが、1枚で着るならあまり明るすぎる色を選ばないのがコツです。

ドレスは肌に馴染むシックめの色をチョイスし、ネックレスやバッグなど小物を明るめのカラーで飾ることにより、大人のオシャレ度がグッと増します。また、明るいベージュやピンクのドレスを着用する際は、黒などの濃色の羽織りでバランスをとると良いでしょう。また、最近幅広い年齢で人気を誇るのがネイビー。暗くなりすぎず、季節を問わず着用でき、大人のオシャレをさりげなく代弁してくれる色として人気が高まっています。

 
株式会社プリカ御中【7月29日分】 754 

明るめの色では、ベージュやピンクが人気。異素材の部分使いや明るく長めのネックレスで、自分らしさを演出。肌になじむクラシカルな色は、ワンランク上のあなたを演出してくれるでしょう。

コーディネート:ドレープスリーブのワンピース

株式会社プリカ御中【7月29日分】 321
 
ブラック&ベージュは、シーズン問わず人気の組み合わせ。膝下丈も重く見せないアシンメトリは、上品な大人感を演出してくれる。

ポイント2  露出度 

次に注意したい点は「露出度」。

膝上丈のドレスや肩の出るドレスは避けるべきでしょう。結婚式及び昼の披露宴出席のマナーとして、また幅広い年齢層が集う場所ということを心得たいところです。実際には、30代のドレスでは膝丈~膝下10センチくらいまでの着丈がおすすめです。また、肩の出るドレスにはボレロやジャケットなどの羽織りが必要です。

株式会社プリカ御中【7月29日分】 208

シンプルながらランダムに重なるティアードがおしゃれなドレス。キャップスリーブ付きなので、1枚でも着られる。

コーディネート: ランダムティアードのフリルドレス 格子柄のラメボレロ

ポイント3  デザイン

最後のポイントは「デザイン」。

30代からのドレスだからと、あまりにもシンプルすぎるデザインもおめでたい席である以上、ちょっと淋しい気がします。だからといって、20代のような袖や身頃にフリルいっぱいのデザインからも卒業したいところ。そこでおすすめしたいのが、デザインポイントが1か所に絞られたデザインのドレス。大きめリボンで1 か所だけアクセントをつけたドレスや、レースなどの異素材使いを部分的にさりげなく表現しているドレス、また全体はとてもシンプルなのに、裾がアシンメトリなど動きのあるドレスなどは大人にふさわしい品の良さを演出してくれるでしょう。

 
株式会社プリカ御中【7月29日分】 956

幅広い年代層に人気のネイビー。落ち着いた雰囲気に大きめリボンのアクセントで、絶妙なバランスに。

コーディネート:ウエストリボンのフレアワンピース

株式会社プリカ御中【12月16日分】 939 

胸元のレースがワンポイントのエアリードレス。流れるようなドレープとほどよい着丈の長さが30代女子にも人気。

コーディネート: ドレープスリーブのワンピース

流行に左右されない良識あるスタイルで

どんな立場で出席するとしても、結婚式や披露宴はおめでたい場には変わりありません。一番大切なのは、新郎新婦を心からお祝いするその「気持ち」。あまり流行などに左右されず、最低限のマナーさえ持ち合わせたなら、あとは一番あなたらしい色とデザインを選ぶことが大切。その色とデザインの選択に、上記の点を参考にしていただけたら、きっとちょっと大人で良識ある、そしてあなたらしいスタイリングが見つかるはずです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

今すぐ「試着サービス」を体験してみよう! 送料無料ですべての洋服を試着することができます。

プリカは、大切なシーンに着るドレスやスーツを、国内生産を中心に 1点1点丁寧に作り上げています。
そして私たちは、洋服選びに欠かせない「試着」をとても大切にしています。
1週間3着まで自宅で試着が可能なので、着心地、色合い、サイズ感を 体感してから購入することができます。

あなたも是非ぴったりでお似合いな1着を見つけてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で